京都大学スペイン語学習ポータルサイト
¡京大スペ語! 本サイトではクッキーおよびGoogleアナリティクスを利用しています。
 

スペイン語圏のニュースや履修者向け情報など

ニュース >> 記事詳細

2021/09/14new

イスパJPスペイン建築セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by TUKAHARA_Nobuyuki
スペインの建築に関するイベントのお知らせです。
-------------------------------------------------------------------
■イスパJPスペイン建築セミナー「5つのキーワードで読み解くスペイン建築」■

・講師:伊藤 喜彦さん(東京都立大学准教授)
・日時:10月2日(土)19時〜20時30分  
・定員:40名
・形態:Zoomミーティング、オンライン開催
・参加費:会員は無料、非会員は1000円
(この機会に入会して会員になられた場合は、無料でご参加いただけます)

・お申し込み:Peatixからお申し込みを受け付けております。
       下記URLからお申し下さい。



ヨーロッパの南西、地中海の西にあって、かつてはイスラーム世界の西端でもあったイベリア半島に位置するスペインは、古代ローマ劇場からバロック様式の教会堂まで、あるいは多柱式モスクから二十世紀の機能主義建築まで、さまざまな建築文化が受容され、独自の発達を遂げ、混ざり合う場所でした。また、二大都市マドリッドとバルセロナ、陽光に家々が白く輝くアンダルシアと苔生した石に長雨の似合う
ガリシアなど、地域によって違いが大きいことも特徴です。本セミナーでは、「神と人」「権力」「暮らし」「周縁」「異端児」の5つのキーワードで、古代から現代、バルセロナからコルドバ、住宅から大聖堂までのスペイン建築を概観します。

■伊藤喜彦さんプロフィール
東京都立大学准教授
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 博士課程修了
マドリッド・アウトノマ大学美術史学科DEA取得
東海大学准教授を経て2020年度より現職
専門は西洋建築史・都市史、とくにスペイン中世建築
著書に『スペイン初期中世建築史論』(中央公論美術出版)
『リノベーションからみる西洋建築史』(共著、彰国社)
『アンダルシアの都市と田園』(共著、鹿島出版会)ほか

00:26 | トラックバック(0) | 関連イベント
PAGE TOP