スペイン語圏のニュースや履修者向け情報など

ニュース >> 記事詳細

2018/11/12

クリスマスコンサート

Tweet ThisSend to Facebook | by TUKAHARA_Nobuyuki
ミレイア・ピント&ウラディスラフ・ブロネフェツキー クリスマスコンサート

関西カタルーニャセンターでは、スペイン国内外で活躍するメゾソプラノ歌手のミレイア・ピントと、ピアニストのウラディスラフ・ブロネフェツキーをお招きし、クリスマスコンサートを開催します。素晴らしい歌声と類まれなるピアノ演奏で、スペインを代表する作曲家の作品の数々をお楽しみください。

日時:2018年12月9日(日)16:00開演(15:30開場)
場所:伊丹アイフォニックホール 小ホール1
<前売券>一般:3,500円 関西カタルーニャセンター会員:3,000円
<当日券>一般:4,000円 関西カタルーニャセンター会員:3,500円
主催:関西カタルーニャセンター www.cckansai.com

・Mireia Pinto ミレイア・ピント

スペイン、バルセロナに生まれ、イタリア、フランスの高等音楽院を首席で卒業。彼女のレパートリーはオペラ、オラトリオ、そしてリートなど多岐にわたる。国内外の国際コンクールで優秀な成績を残し、これまでにロリン・マゼール、リチャード・ボニング、ヘルムート・リリングなどの指揮で歌い、プラシド・ドミンゴ、エディタ・グルヴェローバとも共演。オペラでは、「ジュリオチェザーレ」セスト、「セヴィリアの理髪師」ロジーナ、「チェネレントラ」タイトルロール、「イタリアのトルコ人」ザイーダといった数々の役を演じている。また、BBCラジオ3、スペイン公共ラジオ、TVE、カタルーニャムシカなどのラジオやテレビに出演するなど多方面に渡り活躍。1992年からピアニストのウラディスラフ・ブロネフェツキーとデュオを組みCD「Puixlin en musica」を録音している。現在カタルーニャ高等音楽院で教授として後進の指導にあたりながら、オペラの公演にも出演している。


・VLADISLAV BRONEVETZKY ウラディスラフ・ブロネフェツキー

ロシア、ウラジオストクに生まれ、モスクワ中央音楽学校を経て、モスクワ音楽院に進学。エリソ・ヴィルサラーゼのもとで学ぶ。繊細な解釈と洗練されたテクニック、さまざまなスタイルと時代を盛り込んだ幅広いレパートリーには定評があり、これまでにもロシア国内のほか、ドイツ、オランダ、フィンランド、グルジア、ベラルーシ、オーストリア、イタリア、日本、アメリカ、アンドラ、スペインの各地において、数々のコンサートツアーおよび国際音楽祭に参加。ソロのみならず、オーケストラとの共演、室内楽の分野にも積極的に取り組んでいる。多彩な演奏活動を展開する一方、複数の国際ピアノコンクールで審査員を務めた。現在カタルーニャ高等音楽院で後進の指導にあたっている。


前売券は、関西カタルーニャセンターもしくは伊丹アイフォニックホールでお求めいただけます。
お問合せ、ご予約は、関西カタルーニャセンター(Tel. 06-4704-4690、email. exosaka@osb.att.ne.jp)まで。

Mireia-Pinto-front.jpg
Mireia-Pinto-back.jpg
22:13 | トラックバック(0) | 関連イベント
PAGE TOP