2016年度初級コース(スペイン語IA)受講案内

 ここでは、受講にあたっての補足情報をお知らせします。シラバスとあわせてよく確認してください。なお、Q&Aも読んでおいてください。

【コースの進行について】
 演習コースの第1回と第2回はオリエンテーションに充てられています。オリエンテーションでは、後の授業で必要になるスペイン語表現等を学びつつ、1年間ともに学ぶクラスメートや担当教員とよく知り合ってください。文法コースは第1回目から教科書に入りますので、第1課の予習をしておいて下さい。演習コースと文法コースのどちらを先に受講するかは、クラスによって異なります。時間割と学年暦を見て、次のどちらのパターンにあてはまるかを確認しておいてください。
 
 ①文法コースから受講が始まる場合
  • 文法コース第1回(教科書第1課)→演習コース第1回(オリエンテーション)→文法コース第2回(教科書第2課)→演習コース第2回(オリエンテーション)→文法コース第3回(教科書第3課)→演習コース第3回(教科書第1課)→...
 ②演習コースから受講が始まる場合
  • 演習コース第1回(オリエンテーション)→文法コース第1回(教科書第1課)→演習コース第2回(オリエンテーション)→文法コース第2回(教科書第2課)→演習コース第3回(教科書第1課)→文法コース第3回(教科書第3課)→...

【ウェブ教科書について】

 みなさんが見ているウェブ形式の教科書は今年度からの試みです。また、教授方法もまったくと言って良いほどあたらしいものを導入しています。おそらく、日本の大学でこうしたやり方を採用しているところは他にありません。われわれ教員自身も試行錯誤しながらすすめていきます。はじめての試みであるため、実際に使ってみないとわからないことも多く、4課以降については、みなさんの意見や教員から見た使い勝手等をリアルタイムで反映させていく必要があります。したがって、みなさんがサイト登録した時点では内容が一部が不足している場合があるかもしれませんが、予習段階には間に合うように確定していきますので、心配しないでください。また、改善要望があれば、担当教員や「お問い合わせ」から知らせてもらえると助かります。なお、サイト登録はできるだけ4月28日までに行うようにして下さい。利用権は生協吉田ショップで購入してください。


【予習について】
 文法コースについては、以下の予習を行ってください。
  1. ユニットテーマに関する文章をよく読む(リンク先も訪問してください)
  2. 文法説明を読んで予習問題を行う
  3. 授業時に質問できるように、確認したいことやわからないことを書き出しておく
 演習コースについては、以下の予習を行ってください。
  1. 予習問題を行う
  2. 授業時に質問できるように、確認したいことやわからないことを書き出しておく

【成績評価について】
 [文法]期末試験(100点)に加え、以下の課題による加点を行います。
  1. 学習プロセスの振り返り課題①(本サイト内で5月・11月に実施します):加点10点
  2. 学習プロセスの振り返り課題②(KULASIS上で7月・ 1月に実施します):加点10点

 [演習]期末試験(85点)に加え、3回の課題(1回につき5点、提出は各担当教員あて)、さらに文法コースと同様の学習プロセスの振り返り課題①②(各加点10点)となります。(4月14日追記)


【期末試験について】
 
期末試験は本サイト上でオンラインで行います。試験では、辞書(紙、電子辞書問わず)、スマートフォン、タブレットを持ち込むことができます。また、受験用PCによるウェブ資源の利用も可能です。ウェブ教科書では、スペイン語を学習する上で役に立つさまざまなスマホ用アプリやウェブ資源を紹介しています。しかし、こうしたアプリや資源は、スペイン語の基礎知識がなければ使いこなすことはできません。日々のスペイン語学習において、スペイン語の基礎知識を得ながら、こうしたツールの利用に習熟した上で、期末試験に臨んでください。なお、「辞書やスマホ等の持ち込みが許可されているから検索すれば答えはわかる。従って勉強しなくても問題ない」と考えることは大きな間違いです。
 
PAGE TOP